ホーム  /  会社情報  /  社長挨拶

社長挨拶

代表取締役社長 設楽 琢治

 (株)東邦アーステックは天然ガス事業・ヨウ素事業・建設事業を3本柱とし、『地球環境に調和する技術と製品を創造し、公益性と快適性を追求する』ユニークな会社です。

 天然ガス事業では、大地の恵み・貴重な地下資源である水溶性天然ガスを採取・供給し、地域社会へ貢献しています。
 ヨウ素事業では、地下水(かん水)からヨウ素を生産し、更にヨウ素を起点とした誘導体を製造し世界に供給すると共にリサイクルによる希少資源の確保と有効利用に努めております。
 建設事業では、調査・診断・耐震設計から施工までの一貫システムを駆使し世界有数の地震国日本において自然の脅威から人々の生活を守るという社会の要請に応えて来ました。

 これら事業に共通する技術基盤が化学です。ヨウ素は殺菌・消毒や造影剤・触媒などの既存用途はもちろん、先端技術を支える魅惑の元素としてライフサイエンスからITに渡る広範な領域で限りなく可能性を広げています。素材の強みをフルに引き出す接着剤のケミストリーは意匠性・空間利用と信頼性を併せ持つ補強法として耐震工法の幅を広げ、インフラ・リニューアル工事へと新たな事業展開の原動力となっています。

 柔らかな曲線で描かれたシンボルマークのハートループ(心の環)は創造性・科学性・人間性・社会性という4つの力を結集し、大地から広がる人間の技術と英知と優しさをもって価値を創造してゆく企業姿勢を表現しています。

 (株)東邦アーステックは社員一人ひとりの成長を糧に、グローバルな社会の変化に呼応し地球環境調和に配慮した事業活動を通じ社会貢献を果たしてまいります。今後とも当社事業に対する一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 設楽 琢治 2017年6月30日

Page Top