ホーム  /  会社情報  /  沿革

h3_history_since20140709.jpg

1930年
(昭和5年)
資本金3百万円をもって、南北瓦斯石油(株)設立(前身)
1951年
(昭和26年)
社名を東邦天然ガス(株)と変更
1956年
(昭和31年)
資本金6千万円に増資
1957年
(昭和32年)

石山鉱山開発、天然ガス採取・供給開始 

1958年
(昭和33年)
西蒲原鉱山開発開始
1959年
(昭和34年)
資本金1億8千万円に増資
西蒲原鉱山竣工
1964年
(昭和39年)
トーホーダイト工場完成、製造・販売開始
1965年
(昭和40年)
建設業法による大臣登録許可
1972年
(昭和47年)
大阪営業所(現 建設事業本部 大阪グループ)開設
1973年
(昭和48年)
西蒲原鉱山全坑井を層別バランス方式(かん水の全量還元圧入)に切換
1979年
(昭和54年)
黒埼事業所総合事務所竣工
1981年
(昭和56年)
資本金2億4千万円に増資
1984年
(昭和59年)
岩船地区水溶性天然ガス鉱床の試掘
1987年
(昭和62年)
資本金2千万円当社全額出資による(株)トーホー設立
(株)ホンマ(ホンマ健康ランド)へ冷温水製造、供給開始
自家発電所完成
1988年
(昭和63年)
ヨウ素の製造・販売開始
1990年
(平成2年)
一級建築士事務所開設(東京)
1997年
(平成9年)
技術開発センター、卜ーホーダイ卜新工場竣工
1999年
(平成11年)
ISO9002取得(ヨウ素製造・販売)
社名を(株)東邦アーステックと変更
2000年
(平成12年)
ISO9001取得(ヨウ素の製造・販売、土木建築構造物向け維持・保全用接着剤と塗料の開発・製造・販売)
2003年
(平成15年)
ISO9001取得(構造物補修、耐震補強、エポキシ樹脂注入及び工ポキシ樹脂塗装の設計及び施工)
2004年
(平成16年)
名古屋出張所(現 建設事業本部 名古屋グループ)、新潟営業所(現 建設事業本部 新潟グループ)開設
2006年
(平成18年)
帝国石油㈱(現 国際石油開発帝石)との石油共同探鉱開発
ヨウ化カリウムの製造・販売開始
2009年
(平成21年)
ヨウ化水素酸の製造・販売開始
博多出張所(現 建設事業本部 九州グループ)開設
2010年
(平成22年)
エコアクション21の認証取得(天然ガスの生産・販売、ヨウ素及びヨウ素二次製品の生産・販売、土木・建築構造物向け維持・保全用接着剤と塗料の生産・販売)

2012年
(平成24年) 

仙台事務所(建設事業本部 東北グループ)開設、ISO14001取得(土木構造物に関する以下の業務 橋梁・高架橋の補強工事(橋脚・床版)、表面保護工事(塩害塗装・ライニング)、下地処理工事(ひび割れ注入・断面修復)、建築物に関する以下の業務 構造補強工事(柱・床・梁)、耐震補強工事(鉄骨ブレース・鋼板パネル・耐力壁)、外壁改修工事(ひび割れ注入・浮き注入))
2014年
(平成26年)
本社・黒埼事業所 新社屋竣工
1930年、南北瓦斯石油定款

▲1930年、南北瓦斯石油定款

(上)1957年当時の石山鉱山センターの様子(下)1959年西蒲原鉱山竣工式

▲(上)1957年当時の石山鉱山センターの様子
(下)1959年西蒲原鉱山竣工式

1967年、原爆ドーム原形保存に当社エポキシ樹脂製品のトーホーダイトで参画・施行

▲1967年、原爆ドーム原形保存に当社エポキシ樹脂系接着剤のトーホーダイトで参画・施工

1973年、西蒲原鉱山にて稼働開始した圧入基地

▲1973年、稼働した西蒲原鉱山圧入基地

(左上)パッケージング前のヨウ素(左下)出荷前のヨウ素(右)ヨウ素プラントの中央監視制御装置

▲(左上)ヨウ素
(左下)ヨウ素のドラム荷姿
(右)ヨウ素プラントの中央監視制御装置

1999年、天然ガス自動車とガス充填所

▲1999年、天然ガス自動車とガス充填所

2007年、黒埼事業所

▲2007年、黒埼事業所

2011年、ヨウ素製造プラントの外観

▲2011年、ヨウ素製造プラントの外観

 
Page Top